メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
旧優生保護法を問う

強制不妊、県内被害者1人存命 知事「謝罪し、寄り添いたい」 /鳥取

 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題について、平井伸治知事は20日、県内で少なくとも1人が生存、3人が既に亡くなっていることを明らかにした。「謝罪も含めてご本人と接触させていただき、救済の今後の方向性などお悩みやご事情を聞いて寄り添いたい」とする県の考えも示した。

 開会中の6月県議会で、長谷川稔議員(無所属)の一般質問に答…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです