メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊エンタメ

六月博多座大歌舞伎 二代目白鸚、十代目幸四郎襲名披露 息子のオーラ、父も負けじ /福岡

 二代目松本白鸚(はくおう)、十代目松本幸四郎襲名披露「六月博多座大歌舞伎」の昼の部は通し狂言「伊達の十役」。仙台藩・伊達家のお家騒動を題材に、善と悪の壮絶な争いを描く。10役の幸四郎が縦横無尽の活躍。たぐいまれな表現力を武器に、善悪男女を変幻自在に演じ分ける。わが子を犠牲にして主君を守り抜く乳人政岡(めのとまさおか)は芯の強さと、母親としての身のちぎれるような思いの両面を見せた。

 政岡と敵対する仁木弾正(にっきだんじよう)は悪のオーラが漂う。宙乗りは弾正自体が雲と化し、ふわりふ…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文657文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです