メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顔真卿

書の最高峰、初来日 「祭姪文稿」 来年1、2月

 中国・唐代の官僚で書の巨人、顔真卿(がんしんけい)(709~85年)=絵・「芥子園画伝四集」巻三より=の代表作、書の最高峰とされる肉筆「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」(台北の故宮博物院蔵)が、日本で初公開される。来年1月16日~2月24日、東京国立博物館(東京都台東区)で開かれる特別展「顔真卿 王羲之(おうぎし)を超えた名筆」(毎日新聞社など主催)に出陳される。

 「祭姪文稿」は安史(あんし)の乱(755~63年)の犠牲となった顔真卿の従兄の末子、顔季明(きめい…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文476文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ政府 「記者が死亡」公式に認める 18人を拘束
  3. 大相撲 日馬暴力事件 白鵬が聴取に「愛のムチ」発言(スポニチ)
  4. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき
  5. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです