メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

あす報復発動 米製品の関税引き上げ

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州委員会は20日、米国の鉄鋼とアルミニウム輸入制限への対抗措置として、22日から28億ユーロ(約3560億円)相当の米製品に報復関税を発動すると発表した。カナダも近く報復関税を発動する見通しで、「貿易戦争」が世界に拡大することになる。

 EUが報復対象とするのは、バーボンウイスキーやジーンズ、オートバイ、オレンジジュースなど。

 米共和党の地盤で生産される米国の代表的な製品が中心で、25%の関税をかける。EUのマルムストローム欧州委員(貿易担当)は「米国の一方的で不当な決定で、我々には他の方法がない」と正当性を主張した。こうした措置は自国産業を保護する高関税への対抗策として世界貿易機関(WTO)ルールで認められており、EU側はルールに従った措置だと強調している。

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです