難病軽症患者

助成対象外、全体の2割 厚労省、対策委で報告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は20日に開いた難病対策委員会で、難病患者への医療費助成制度の変更に伴って今年1月から助成対象を外れた軽症患者は全体の約2割の約14万8000人になるとの暫定値を報告した。難病法の施行(2015年1月)前から助成を受けていた約72万7000人のうち、約8万4000人(約12%)が不認定となり、約…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

ニュース特集