メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

印象深かった旧優生保護法報道=小野有五・北海道大名誉教授

 5月は障がい者たちへの強制的な不妊手術をもたらした旧優生保護法の問題が各メディアで大きく取り上げられた。中でも同4日の毎日新聞の10、11面全部と24面の半分近くを使った特集記事「旧優生保護法を問う」は出色だった。

 1948年に成立した旧優生保護法は、敗戦後の日本再興に向けて議員立法で作られた法律であったが、敗戦後初の衆院選で当選した女性議員の一人、社会党の加藤シヅエ氏がその提案者の一人であったことを記事で知らされて、疑問に感じた人も多かったのではないだろうか。彼女の名は市川房枝氏とともに、日本における女性解放運動の先駆者として記憶されているからである。

 この疑問にきちんと答えようとしたのは、北海道では5月28日午前2時20分からHBC報道スペシャル(…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文815文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです