メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・社説、オピニオン

印象深かった旧優生保護法報道=小野有五・北海道大名誉教授

 5月は障がい者たちへの強制的な不妊手術をもたらした旧優生保護法の問題が各メディアで大きく取り上げられた。中でも同4日の毎日新聞の10、11面全部と24面の半分近くを使った特集記事「旧優生保護法を問う」は出色だった。

 1948年に成立した旧優生保護法は、敗戦後の日本再興に向けて議員立法で作られた法律であったが、敗戦後初の衆院選で当選した女性議員の一人、社会党の加藤シヅエ氏がその提案者の一人であったことを記事で知らされて、疑問に感じた人も多かったのではないだろうか。彼女の名は市川房枝氏とともに、日本における女性解放運動の先駆者として記憶されているからである。

 この疑問にきちんと答えようとしたのは、北海道では5月28日午前2時20分からHBC報道スペシャル(…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文815文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです