メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・社説、オピニオン

印象深かった旧優生保護法報道=小野有五・北海道大名誉教授

 5月は障がい者たちへの強制的な不妊手術をもたらした旧優生保護法の問題が各メディアで大きく取り上げられた。中でも同4日の毎日新聞の10、11面全部と24面の半分近くを使った特集記事「旧優生保護法を問う」は出色だった。

 1948年に成立した旧優生保護法は、敗戦後の日本再興に向けて議員立法で作られた法律であったが、敗戦後初の衆院選で当選した女性議員の一人、社会党の加藤シヅエ氏がその提案者の一人であったことを記事で知らされて、疑問に感じた人も多かったのではないだろうか。彼女の名は市川房枝氏とともに、日本における女性解放運動の先駆者として記憶されているからである。

 この疑問にきちんと答えようとしたのは、北海道では5月28日午前2時20分からHBC報道スペシャル(北海道放送)で放映された「“不幸な子ども”を生きて~旧優生保護法がもたらしたもの~」である。そこでは加藤氏が、後に離婚する最初の夫、石本恵吉男爵の赴任地の三井三池炭鉱で乳幼児を抱え暗い坑内で働く女性たちの悲惨な姿を目の当たりにし、極貧にある女性を救うには産児制限しかないと考える経緯が当時の映像ととも…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文815文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです