メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第2部 共に歩む/3 障害者競技に光を 草創期支え、選手と交流

日本車いすバスケットボール選手権大会を観戦される天皇、皇后両陛下。両陛下の間が浜本勝行さん。左は秋篠宮さま、右は黒田清子さん=1981年5月、東京都杉並区の佼成学園で(日本車いすバスケットボール連盟ポラリスの会提供)

 「健常者のスポーツは文部省、障害者のスポーツは厚生省と分かれていて問題はないのでしょうか」。天皇陛下からそう問いかけられたことを、日本障がい者スポーツ協会(障スポ協会)の元会長、北郷勲夫さん(83)は記憶している。1995年に会長に就任して間もないころだ。傷病者のリハビリから始まった障害者スポーツは当時、旧厚生省の所管だった。

 「はっとさせられた」。障害者スポーツの発展に思いを巡らせているからこその発言だと、北郷さんは受け止…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1282文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです