メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第2部 共に歩む/3 障害者競技に光を 草創期支え、選手と交流

日本車いすバスケットボール選手権大会を観戦される天皇、皇后両陛下。両陛下の間が浜本勝行さん。左は秋篠宮さま、右は黒田清子さん=1981年5月、東京都杉並区の佼成学園で(日本車いすバスケットボール連盟ポラリスの会提供)

 「健常者のスポーツは文部省、障害者のスポーツは厚生省と分かれていて問題はないのでしょうか」。天皇陛下からそう問いかけられたことを、日本障がい者スポーツ協会(障スポ協会)の元会長、北郷勲夫さん(83)は記憶している。1995年に会長に就任して間もないころだ。傷病者のリハビリから始まった障害者スポーツは当時、旧厚生省の所管だった。

 「はっとさせられた」。障害者スポーツの発展に思いを巡らせているからこその発言だと、北郷さんは受け止…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです