メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顔真卿

名品初公開 高ぶる感情、文字に乱れ

 希代の「劇跡(げきせき)」(強い感情が放射される書)がやってくる--。日本初公開が決まった「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」は、書聖・王羲之(おうぎし)(303~61年)と並び称される顔真卿(がんしんけい)(709~85年)の肉筆。宋、元、明、清代と収集家や文人の間で伝えられ、6代皇帝乾隆帝(けんりゅうてい)の宮廷に入った。現在は台北の故宮博物院に収蔵されている。

 冒頭「維乾元元年……」と静かな調子で書き始められた文字が、筆が進むとともに感情の高ぶりが抑えられな…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文458文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 10人死亡か 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 京アニのスタジオで火災 1人死亡30人以上けが 男「自分が放火」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです