メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家の玄関が施錠されているか確認する黒沢友一さん=埼玉県秩父市で

 家が子や孫への「負の遺産」になりかねない時代だ。人口減少に伴い、空き家は全国で増える一方。親が高齢化して死亡し、相続するケースが多い。誰も住まないからと放置すれば、後々大きなツケが……。

 ●ふるさと納税利用

 「まず郵便受けの中を見て……。玄関の鍵は? よし、ちゃんと閉まっている」

 山あいの盆地に位置する埼玉県秩父市。市シルバー人材センターの登録メンバー、黒沢友一さん(77)が、1軒の平屋建て住宅の周囲を丹念に点検する。ここが空き家になったのは数年前。住んでいた女性が介護施設へ移り、所有者は東京都内で暮らす。ひび割れを透明テープで応急手当てした窓ガラスや草刈りされた庭。所有者の依頼でセンターが家を手入れしてきた痕跡が、随所で確認できた。

 市財政課によると、市内の住宅約3万戸のうち空き家は1割ほど。センターに所有者が独自に管理を依頼するケースもあるが、「放置された空き家は、木が隣家の敷地まで伸びたり建物が倒壊しかかったりと、地域住民に迷惑をかける。放火などの事件現場になる恐れもある」と頭を悩ませた市は2016年、空き家の見回りサービスをふるさと納税の返礼品に加えた。作業の担い手はセンターだ。市は「空き家の管理に役立つうえにシルバー…

この記事は有料記事です。

残り1751文字(全文2273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです