メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

現地の子どもたちと交流 被災地でボランティア活動・松野健一さん(19)

松野健一さん

 <くらしナビ おとなへステップ>

松野健一(まつの・けんいち)さん

 大(おお)阪(さか)府(ふ)吹(すい)田(た)市(し)出身で、私(わたし)が生まれる3年前に起きた阪(はん)神(しん)大(だい)震(しん)災(さい)(1995年)のことを両親や学校の先生から聞かされて育ちました。その経験から、防災に興味を持ち、明治大農学部に入学後、東日本大震災の被災地でボランティア活動をしている大学公認サークル「しんちーむ」に入会しました。

 大学は2012年、福島県新地町と震災復興に関する協定を結び、15年度まで学生が現地でボランティア活…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです