メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

電波で知る、宇宙の深遠 アルマ望遠鏡の成果ベスト3

アルマ望遠鏡の成果

 日本など22カ国・地域が協力し、チリの標高5000メートルの砂漠に建設した電波望遠鏡「アルマ(ALMA)」の観測による論文が1000本に達した。国立天文台チリ観測所の平松正顕助教(電波天文学)にベスト3を選んでもらった。【伊藤奈々恵、阿部周一】

 <1>惑星系誕生の瞬間

 アルマ望遠鏡が観測するのは、目には見えない電波だ。レンズや鏡で光を集めて観測する光学望遠鏡とは違い、66台のパラボラアンテナを最大直径16キロのエリアに配置し、宇宙から来る電波を捉える。アンテナ間の距離を離すほど解像度が上がる。アルマは人間の視力で6000に相当する解像度を誇り、東京にある1円玉を大阪から識別できる能力だ。また、宇宙のちりやガスが発する弱い電波もキャッチできる。

 2011年の観測開始以降の成果の中から、平松さんが「最初に見た時の衝撃が忘れられない」と、第1位に…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1745文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです