メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

軍事研究、リアルな葛藤

 先ごろ「グーグル 人工知能(AI)利用に関する原則示す 兵器などに使わない方針」というニュースがあった。グーグルが米国防総省とAIの研究開発契約を結んだことに技術者が抗議の退職をし、それに応えて会社として正式な原則を表明したのである。

 その原則とは「全般的に害を及ぼす、またはその恐れのある技術、害を与えることを目的とした兵器、国際的に受け入れられている規範に反する監視技術、広く認識されている国際法や人権の原則に違反する技術を開発しない」というもの。原則の割に冗舌なのは「害を与えない兵器」を考慮に入れるべきだという葛藤があったからだろう。

 学問研究は本質的に、扱い方によって平和目的にも軍事目的にも利用される両義性を持っている。例えば大規…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1166文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです