メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

ルポ・最前線を行く ほじょ犬の日 啓発シンポ 海外からの受け入れ

世界の補助犬使用者、制度の違いルール周知を

 5月22日の「ほじょ犬の日」に、東京都千代田区永田町の衆議院第一議員会館で身体障害者補助犬の受け入れを考える啓発シンポジウムが開かれた。盲導犬の使用者や関係者など約120人が参加して、2020年の東京五輪・パラリンピックを念頭に、海外から補助犬使用者が来日した場合の受け入れに対する課題などを学んだ。関連団体からは一定の基準の訓練を受けるなどした海外の補助犬に対しては、日本の補助犬と同じような取り扱いが受けられるよう期間限定の証明書を発行する統一した仕組みづくりが提言された。【山縣章子】

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1761文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです