メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・川崎町

手話条例制定へ 町長が障害者団体に約束

手話言語条例草案を見る手嶋町長(右端)に手話で制定を求める村上さん(左から2人目)ら=福岡県川崎町で2018年6月20日、峰下喜之撮影

 耳が不自由な人への理解を深める「手話言語条例」について、福岡県川崎町の手嶋秀昭町長は20日、田川聴覚障害者協会と支援の健常者団体「田川手話の会」の代表に「必要性は十分認識している」と述べ、来年4月30日までの任期中の制定を表明した。両会は田川市郡で条例未制定の残り7市町村にも要望活動を計画しており、条例が広がる契機になると歓迎している。

 協会の久冨寿(ひさし)会長(51)らが町役場を訪れ、条例制定を求めてまとめた草案を提出。手嶋町長は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです