メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性同一性障害

「自分に戻れた」手術の軌跡 大阪で上映へ

女性として念願のファッション業界で働く中川未悠さん=神戸市中央区で2018年6月15日、梅田麻衣子撮影

 心と体の性が一致しない「性同一性障害」(GID)で、昨年に性別適合手術を受け、戸籍を男性から女性に変更した神戸市の会社員、中川未悠(みゆ)さん(22)の手術までの半年を追ったドキュメンタリー映画「女になる」(田中幸夫監督)が23日、大阪市中央区のドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)で上映される。中川さんは今春、服飾関連会社に就職し、憧れのファッション業界で新たな道を踏み出した。上映後のトークショーにGIDの友人らと参加し、現在の心境を語る。

 「やっと自分に戻れた」。昨年2月、神戸芸術工科大ファッションデザイン学科の3年だった中川さんは、性…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです