性同一性障害

「自分に戻れた」手術の軌跡 大阪で上映へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性として念願のファッション業界で働く中川未悠さん=神戸市中央区で2018年6月15日、梅田麻衣子撮影
女性として念願のファッション業界で働く中川未悠さん=神戸市中央区で2018年6月15日、梅田麻衣子撮影

 心と体の性が一致しない「性同一性障害」(GID)で、昨年に性別適合手術を受け、戸籍を男性から女性に変更した神戸市の会社員、中川未悠(みゆ)さん(22)の手術までの半年を追ったドキュメンタリー映画「女になる」(田中幸夫監督)が23日、大阪市中央区のドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)で上映される。中川さんは今春、服飾関連会社に就職し、憧れのファッション業界で新たな道を踏み出した。上映後のトークショーにGIDの友人らと参加し、現在の心境を語る。

 「やっと自分に戻れた」。昨年2月、神戸芸術工科大ファッションデザイン学科の3年だった中川さんは、性別適合手術を受けて思った。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1192文字)

あわせて読みたい

注目の特集