メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性同一性障害

「自分に戻れた」手術の軌跡 大阪で上映へ

女性として念願のファッション業界で働く中川未悠さん=神戸市中央区で2018年6月15日、梅田麻衣子撮影

 心と体の性が一致しない「性同一性障害」(GID)で、昨年に性別適合手術を受け、戸籍を男性から女性に変更した神戸市の会社員、中川未悠(みゆ)さん(22)の手術までの半年を追ったドキュメンタリー映画「女になる」(田中幸夫監督)が23日、大阪市中央区のドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)で上映される。中川さんは今春、服飾関連会社に就職し、憧れのファッション業界で新たな道を踏み出した。上映後のトークショーにGIDの友人らと参加し、現在の心境を語る。

 「やっと自分に戻れた」。昨年2月、神戸芸術工科大ファッションデザイン学科の3年だった中川さんは、性別適合手術を受けて思った。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです