メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜化石

ティラノサウルス類の可能性 北大など

中型の獣脚類(二足歩行)恐竜のものと特定された化石=北海道三笠市で、千々部一好撮影

 北海道大と三笠市立博物館の研究グループは20日、2016年に芦別市内の白亜紀後期の地層で見つかった恐竜の化石が、ティラノサウルス類の尾の骨の可能性が高いと発表した。同種の化石発見は道内初、国内では5例目。体長約6メートルで、肉食恐竜として大型化する前の化石とみられ、ティラノサウルス類が巨大化していく過程の解明につながると期待される。

 化石は縦5.6センチ、横8.9センチ、幅4.8センチ。奈良県の化石愛好家、小川英敏さんが16年5月、芦別市の白亜紀後期コニアシアン(8980万~8630万年前)の層から発見した。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中古車販売好調 地方移住も追い風 「密」避けた交通手段 長野

  2. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  3. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

  4. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  5. ジスカールデスタン元仏大統領死去 94歳 新型コロナで サミット発足に注力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです