メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

文書探さず「不開示」5件 保存期間経過で

 防衛省に対する2012年度以降の情報公開請求を巡り、保存期限を過ぎた文書が廃棄されず残っていたにもかかわらず、担当部署が「公開対象ではない」と誤って判断し、文書を探索しないまま「不存在」のため「不開示」にしていた事例が5件発覚した。内閣府によると、期限が過ぎた文書でも役所に残っていれば開示対象になる。また、保存期限内だったのに探索が不十分で「不存在」とした事例も3件あった。同省は請求者に謝罪し、開示決定をやり直す。

 いずれも昨年10月以降、防衛省が過去の不開示決定を検証する中で、対象の文書が見つかった。南スーダン…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文943文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです