メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

佐藤、斬新な手次々に 難解戦い制す

感想戦で対局を振り返る佐藤天彦名人(右)と羽生善治竜王=山形県天童市の天童ホテルで2018年6月20日午後10時9分、梅村直承撮影

 山形県天童市で19日から指されていた第76期名人戦七番勝負第6局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、天童市、天童商工会議所協力)は、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)が3連覇を果たした。定跡のあまり整備されていない最新形で斬新な手を次々と繰り出し、昨年末に竜王を奪取して勢いに乗る挑戦者の羽生善治竜王(47)を押し切った。

 第2、第4、第5局で、佐藤が序中盤の構想で差を付けて快勝した。第6局は、2日目の午後3時前に羽生が指した8六歩(62手目)でようやく本格的な戦いに入った。羽生が飛車先に銀を進めて突破を図ったのに対し、佐藤は4四歩(69手目)と敵陣に拠点を打ち込み、激しい攻め合いに。今期七番勝負で初めて午後9時を回る大熱戦になったが、終盤の読みが勝った佐藤に軍配が上がった。

 解説の野月浩貴八段は「羽生竜王が歩を入手した後は、歩を利用した細かい攻め技の応酬が繰り広げられました。一手一手の意味を理解するのも難しく、深く読まないといけない難解な中・終盤戦でした」と振り返った。

 十七世名人の資格を持ち、名人戦七番勝負の経験も豊富な谷川浩司九段(56)は今期七番勝負を「名人は七番勝負に照準を合わせてきた。名人を初めて獲得した頃は受けに回る棋風だったが、変わってきた。第5局で苦しいと言われる横歩取りの後手番で結果を出せたのが良かった。挑戦者は、名人戦の中盤から調子を落とした気がする」と分析した。

 将棋界は若い世代の活躍が目立つ。昨年以降、高見泰地叡王(24)、菅井竜也王位(26)ら20代のタイトル保持者が相次いで誕生。藤井聡太七段(15)も王座戦本戦で8強入りし、タイトル挑戦の期待が高まっている。若手が台頭するなか、中堅、ベテラン棋士がどこまで貫禄を見せるのか、注目が集まっている。【丸山進、山村英樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  2. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
  3. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 名古屋・旧稲本楼 取り壊し 中村遊郭の面影、また姿消す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]