メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海賊版サイト

政府主導ブロッキングは危うい NTTコム提訴の弁護士に聞く

訴訟を起こした理由について話す中沢佑一弁護士=東京都千代田区で5月10日、岸達也撮影

 インターネット上の海賊版サイト対策として、NTTコミュニケーションズが特定のサイトをブロッキング(接続遮断)すると表明したのは「通信の秘密の侵害に当たる」として、弁護士が同社を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁(鈴木謙也裁判長)で開かれ、同社は「訴えの趣旨が不明確」などとして退けるよう求めた。原告となった中沢佑一弁護士(埼玉弁護士会)に、訴訟の狙いとブロッキングの問題点について聞いた。【岸達也/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2496文字(全文2714文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  4. 弁護士会 野村修也弁護士を懲戒 調査でプライバシー侵害
  5. SDガンダム 飛駆鳥大将軍がガンプラに 大輝煌鳳凰、鳳凰要塞艦に変形

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]