メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海賊版サイト

政府主導ブロッキングは危うい NTTコム提訴の弁護士に聞く

訴訟を起こした理由について話す中沢佑一弁護士=東京都千代田区で5月10日、岸達也撮影

 インターネット上の海賊版サイト対策として、NTTコミュニケーションズが特定のサイトをブロッキング(接続遮断)すると表明したのは「通信の秘密の侵害に当たる」として、弁護士が同社を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁(鈴木謙也裁判長)で開かれ、同社は「訴えの趣旨が不明確」などとして退けるよう求めた。原告となった中沢佑一弁護士(埼玉弁護士会)に、訴訟の狙いとブロッキングの問題点について聞いた。【岸達也/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2496文字(全文2714文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです