海賊版サイト

政府主導ブロッキングは危うい NTTコム提訴の弁護士に聞く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
訴訟を起こした理由について話す中沢佑一弁護士=東京都千代田区で5月10日、岸達也撮影
訴訟を起こした理由について話す中沢佑一弁護士=東京都千代田区で5月10日、岸達也撮影

 インターネット上の海賊版サイト対策として、NTTコミュニケーションズが特定のサイトをブロッキング(接続遮断)すると表明したのは「通信の秘密の侵害に当たる」として、弁護士が同社を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁(鈴木謙也裁判長)で開かれ、同社は「訴えの趣旨が不明確」などとして退けるよう求めた。原告となった中沢佑一弁護士(埼玉弁護士会)に、訴訟の狙いとブロッキングの問題点について聞いた。【岸達也/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2496文字(全文2714文字)

あわせて読みたい

ニュース特集