メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・特選掘り出し!

カメラを止めるな! 凝った伏線、回収に感動

 ゾンビ映画の撮影中に本物のゾンビが襲来。リアリティーにこだわる監督は撮影を強行し、俳優とともに逃げ惑いながらもカメラが回り続ける……。ありがちな筋立て、いかにも低予算。演技はぎこちないし、特撮もチャチ。カメラが切り替わることのないワンカットでも、出演者がカメラを直視したり、当惑した表情をのぞかせたりと、いかにも素人くさい。自主製作映画にしてはがんばったという程度の、見るのは正直つらい37分の短編映画。

 と思いきや、これが全部、伏線だった。映画は時をさかのぼり、この監督、日暮(浜津隆之)が、地方テレビ…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです