メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 阪神11R・宝塚記念 (日曜競馬)

完全復活キセキ

 キセキの復活にかける。昨夏に1000万下を勝ち上がると、G2神戸新聞杯に挑戦して2着に好走。そして菊花賞を大外から一気に伸びて完勝した。世代を代表する長距離馬として名乗りを上げたが、菊花賞史上でもまれな不良馬場を激走した反動は想像以上に大きく、香港ヴァーズでは9着に惨敗。帰国初戦となった3月の日経賞でもリキみの多い走りで9着に失速した。ただ修正すべきポイントは精神面とはっきり。中間はコースで長めをじっくり走らせる…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです