映画

「羊と鋼の森」ピアニスト役、上白石萌音・萌歌 試練越え奏でる姉妹の絆

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画「ヒツジと鋼の森」でピアニスト役で共演する上白石萌音(右)・萌歌姉妹=猪飼健史撮影
映画「ヒツジと鋼の森」でピアニスト役で共演する上白石萌音(右)・萌歌姉妹=猪飼健史撮影

 果てしない森の奥へ踏み込むように調律の世界に魅せられた青年の成長を描く「羊と鋼の森」(橋本光二郎監督)で、実の姉妹の上白石萌音(かみしらいしもね)(20)と上白石萌歌(もか)(18)がピアニストの姉妹、和音(かずね)役と由仁(ゆに)役をそれぞれ演じた。初共演を喜ぶ2人が作品の魅力を語り合った。【倉田陶子】

 「妹が現場にいてくれて心強かったのと同時に、仕事をしている姿を見られることに照れもあった」と萌音。萌歌は「互いを思いやる姉妹の関係性に共感しながら演じられた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文728文字)

あわせて読みたい

ニュース特集