メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染農林廃棄物 大崎市議会、試験焼却予算案可決 住民に説明継続 /宮城

 大崎市議会は21日、東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された農林業系廃棄物を試験焼却する経費4699万円を盛り込んだ市補正予算案を賛成多数で原案通り可決した。ただ、同市岩出山地区の焼却場や三本木地区の最終処分場周辺の住民団体は焼却反対を崩しておらず、市側は今秋の実施に向けてさらに説明を続けるとしている。

 この日の市議会本会議では、共産党議員が補正予算案から試験焼却関連費用を除く修正動議を提案。同市や4…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです