メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犯罪被害者支援条例

知って 大宮署などキャンペーン /埼玉

 県などに犯罪被害者の支援に取り組む責務を定めた「犯罪被害者等支援条例」を市民に広く知ってもらおうと大宮署などはこのほど、さいたま市のJRさいたま新都心駅構内でキャンペーンを行った。

     同署や県、関係団体などから約30人が参加。条例の詳しい内容や犯罪被害に遭った場合の相談先が書かれたちらしを駅利用者らに配った。

     県犯罪被害者支援学生ボランティア「Aya」のメンバーで専門学校2年の内野樹さん(20)=日高市=は「条例は特に若い人に知られていないので、活動を通じて周知したい」と話した。

     条例は3月に施行され、被害者が平穏な生活を取り戻すまで切れ目のない支援を行うことなどを定めている。【畠山嵩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
    2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
    4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]