メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加賀大介さん

25年ぶり、タイムカプセル開封 「再会」の妻、感慨ひとしお 遺稿に笑顔 能美 /石川

掘り起こされたタイムカプセルの中身を確認する加賀道子さん(右)=石川県能美市の根上野球場で、岩壁峻撮影

 夏の全国高校野球選手権の大会歌「栄冠は君に輝く」を作詞した能美市出身の文筆家、加賀大介さんをしのぶタイムカプセルが21日、25年ぶりに掘り起こされた。妻道子さん(93)は「この日まで長生きできるとは……」と笑いつつ、夫との「再会」を喜んだ。【岩壁峻】

 カプセルが埋められた能美市福島町の根上野球場は、プロ野球の巨人、米大リーグのヤンキースなどで活躍した松井秀喜さん(44)が少年時代に鍛錬を積んだ場所。加賀さんが死去した翌年の1974年に松井さんが誕生したという巡り合わせもある。加賀さん自身は16歳の時、野球の練習中にけがをして右足を切断したが、道子さんには「いつかスポーツを題材にした歌を作詞したい」と話していたという。

 加賀さんは大会歌に応募する際、賞金が目的と世間に思われることを嫌い、当時交際中だった道子さんの名前…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです