両丹茶品評会審査会

滋味や香り、品定め 福知山、舞鶴、綾部の新茶 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福知山、舞鶴、綾部3市で生産された新茶の品質を厳正に評価する審査員ら=京都府綾部市宮代町のJA京都にのくに茶業センターで、佐藤孝治撮影
福知山、舞鶴、綾部3市で生産された新茶の品質を厳正に評価する審査員ら=京都府綾部市宮代町のJA京都にのくに茶業センターで、佐藤孝治撮影

 福知山、舞鶴、綾部3市で生産された新茶の品質を見定める「両丹茶品評会審査会」が21日、綾部市宮代町のJA京都にのくに茶業センターで開かれた。

 茶業の振興を目指して、JA京都にのくにや府、3市などで構成する「両丹お茶まつり実行委員会」が主催。今回が69回目で、3市の生産者から玉露32点、機械摘み玉露…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

ニュース特集