メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

大麻回帰する若者たち 危険ドラッグの代用 きっかけは好奇心、誘惑、安価 県内検挙前年比4割増 /岡山

薬物依存症に陥っていた時のことを振り返る山口健次さん=岡山県瀬戸内市で、益川量平撮影

 大麻を違法に所持したなどとして検挙される人が増えている。全国の検挙人員は昨年1年間で3008人に上り、過去最多となった。県警によると、県内の検挙人員も前年から4割増えている。近年流行した危険ドラッグに対する規制強化を受け、若者を中心に大麻への回帰が進んでいるとみられる。【益川量平】

 大麻取締法違反は、大麻の所持や栽培、輸入などを禁じている。県警組織犯罪対策1課によると、昨年に大麻事件で検挙されたのは42人。16年(30人)に比べると12人多い。13年以降の過去5年間でみると16年以外は40人台で推移しており、検挙人員はなかなか減らない。

 背景にあるのが危険ドラッグの規制強化だ。当初は製造・販売しか取り締まれなかったが、医薬品医療機器法(旧薬事法)が改正され、14年4月に所持や使用が処罰対象に。同年12月には、違法な危険ドラッグの疑いがある商品の販売などが全国一律で禁止となった。県内では、危険ドラッグの販売店が一時5店舗あったが、現在は県警が確認している店舗はないという。こうした状況を受け、危険ドラッグの代わりに大麻に手を出す人が…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです