メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てんぐ巣病被害

大分から無くなるかも 桜の名所危機 日田のNPO調査、警鐘鳴らす 25カ所は回復困難「激害地」 /大分

 大分から桜の名所が無くなるかもしれない--。日田市のNPO「森と海の共生・ネットワーク」(諌本信義会長)が、県内の名所65カ所を調査し、9割超の60カ所で植物の病害「てんぐ巣病」の被害を確認した。そのうち4割にあたる25カ所は回復が難しく手遅れ状態と判断される「激害地」とされるなど、被害状況は深刻。ネットワークは「何もしないで放っておけば蔓延し、次々に枯れてしまう」と警鐘を鳴らしている。【尾形有菜】

 てんぐ巣病は伝染病の一種。感染すると、枝が湾曲になるなど奇形となったり、葉が小さく色が薄くなったり…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1523文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです