メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てんぐ巣病被害

大分から無くなるかも 桜の名所危機 日田のNPO調査、警鐘鳴らす 25カ所は回復困難「激害地」 /大分

 大分から桜の名所が無くなるかもしれない--。日田市のNPO「森と海の共生・ネットワーク」(諌本信義会長)が、県内の名所65カ所を調査し、9割超の60カ所で植物の病害「てんぐ巣病」の被害を確認した。そのうち4割にあたる25カ所は回復が難しく手遅れ状態と判断される「激害地」とされるなど、被害状況は深刻。ネットワークは「何もしないで放っておけば蔓延し、次々に枯れてしまう」と警鐘を鳴らしている。【尾形有菜】

 てんぐ巣病は伝染病の一種。感染すると、枝が湾曲になるなど奇形となったり、葉が小さく色が薄くなったり…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです