メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日朝合弁10社

不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

 日本と北朝鮮の企業・団体などによる合弁会社10社が、北朝鮮の不正送金やマネーロンダリング(資金洗浄)に関与している疑いがあるとして、金融庁は国内の全ての銀行と信用金庫、信用組合に対し、10社との取引の確認を求め、報告するよう命令を出した。日本の金融機関が国際的な経済制裁の抜け穴になっている恐れがある。違法な取引が判明すれば、金融機関に行政処分を出す可能性もある。【鳴海崇】

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです