連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 千葉大病院(ちばだいびょういん)でCTの検査(けんさ)をしたのに、がんの見落としが9件もあったって聞いたよ。そもそもCTって何?

 記者 CTは放射線(ほうしゃせん)を使って体を輪切りにしたような画像(がぞう)を撮影(さつえい)する装置(そうち)で、「コンピューター断層(だんそう)撮影」(Computed Tomography)の略称です。胃や肺など内臓の様子がよく分かるため、病気の早期発見(そうきはっけん)にも役立ちます。日本は人口100万人当たりのCT台数が世界トップで、技術も向上して鮮明(せんめい)な画像を大量に撮影でき、利用が増えています。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1066文字)

あわせて読みたい

注目の特集