メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

ポスト安倍動きづらく 国会延長、党内結束乱せず

自民党総裁選を巡る最近の発言

 国会会期が7月22日まで延長された。自民党総裁選をにらむ「ポスト安倍」候補は与党として国会対応で結束を求められるため、閉会まで出馬表明などの表立った活動がしづらい状況が続きそうだ。各種世論調査で内閣支持率の回復も伝えられ、安倍晋三首相の3選を支持する各派閥は勢いづく。出馬判断に悩む岸田文雄政調会長が首相と長時間会食したことも、3カ月後の総裁選を注視する党内の臆測を呼んでいる。【小田中大、竹内望】

 岸田氏は18日夜、東京・赤坂の日本料理店で首相と2時間、酒を酌み交わした。岸田派関係者によると、岸…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです