メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

米朝首脳会談と韓国 信頼醸成、なお時間=渋江千春(ソウル支局)

初めて対面し握手をするトランプ米大統領(右)と金正恩朝鮮労働党委員長=シンガポールで6月12日、AP

 ゆっくりとした足取りで右から米国のトランプ大統領、左から北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が登場し、握手をした。6月12日にちなんだ演出なのだろうか。両首脳の後ろには、米国と北朝鮮の国旗が6本ずつ計12本、交互に並べられていた。韓国政府がシンガポールに設置したプレスセンターで私は、どこか冷めた気持ちで大型スクリーンに映し出された2人の歴史的な初対面を眺めていた。それでも会談の成果に中身があれば、印象は異なっていただろう。

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2035文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです