メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

「ムガベ後」ジンバブエ 遅い改革、変化望む国民

15階建ての与党本部に掲げられたムナンガグワ大統領への投票を呼びかける横断幕=ハラレで5月30日

 昨年11月、ジンバブエで軍による事実上のクーデターの試みをきっかけに、独立以来37年間実権を握り続けてきたムガベ前大統領が失脚してから7カ月が過ぎた。この間、ジンバブエはどう変わったのか。7月30日に実施される「ムガベ後」初の大統領選を前に現状を探った。【ハラレで小泉大士】

 「ビジネスの機会は開かれている」。ムナンガグワ大統領は1月にスイスで開かれた世界経済フォーラム(ダボス会議)を皮切りに精力的に外遊。国旗柄のマフラーを首からさげ、こう繰り返すのがおなじみの光景となった。

 経済再建を最優先課題に掲げたムナンガグワ氏は、外国企業に対し株式の過半数をジンバブエ人・企業に譲渡…

この記事は有料記事です。

残り3101文字(全文3391文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです