メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

株主総会

株主提案、過去最多 経営陣は対話を重視

6月総会で株主提案のあった会社

 3月期決算企業の定時株主総会が本格化している。今年は28日にピークを迎える。事業に積極的に提案する「物言う株主」の存在感が年々増す中、経営方針に厳しい視線が注がれるようになり、経営陣も株主との対話を重視する傾向を強めている。【小原擁】

 2015年に上場企業の行動原則を定めた「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)」が導入され、株主との対話を重視するよう求められて以降、株主提案が増加。三菱UFJ信託銀行によると、6月開催の総会で株主提案が出ている企業は、前年から2社増の42社で過去最多を更新した。

 TBSホールディングスには英投資ファンドが「財務面で負担になっている」などとして、保有する東京エレ…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです