メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海賊版サイト

接続遮断訴訟、NTTコム争う姿勢

 インターネット上で漫画や雑誌を無料で読める海賊版サイトの対策として、NTTコミュニケーションズがブロッキング(接続遮断)を実施するのは「通信の秘密の侵害にあたる」と弁護士が同社を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁(鈴木謙也裁判長)で開かれた。同社は訴えを退けるよう求め、争う姿勢を示した。

     原告は中沢佑一弁護士(埼玉弁護士会)。訴状などによると、中沢弁護士はNTTコムの提供するネット回線を使い、事務所でネットを利用してきた。ブロッキングは電気通信事業法に反し、憲法が定める通信の秘密の侵害にあたると主張。契約約款にも規定がなく、自分の通信を妨害しないよう求めた。

     NTTコムによると、ブロッキングはまだ実施していない。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
    3. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
    4. SDガンダム 飛駆鳥大将軍がガンプラに 大輝煌鳳凰、鳳凰要塞艦に変形
    5. 弁護士会 野村修也弁護士を懲戒 調査でプライバシー侵害

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]