安田純平さん

不明3年 重み増す戦場報道 混迷シリア「第三者の目必要」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安田純平さんの消息が不明になってからの動き
安田純平さんの消息が不明になってからの動き

 取材でシリアに入ったジャーナリストの安田純平さん(44)が行方不明になって23日で3年になる。シリア内戦では日本人ジャーナリストが犠牲になり、インターネットでは紛争地での取材自体に「無謀」との批判も出た。だが、シリアの混迷は続いており、取材にかかわる人たちは取材者が「第三者の目」となり、報じる重みは増していると訴える。【福島祥、金子淳】

 シリアは2011年3月に内戦が本格化し、死者は35万人以上とされる。複数の知人によると、安田さんは15年6月下旬、トルコ南部からシリアに向かった。越境を伝えるメッセージを送った後、音信が途絶えた。

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1805文字)

あわせて読みたい

ニュース特集