特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

リュウグウ、まるで「そろばん玉」 画像公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
約100キロ離れた地点から小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した小惑星リュウグウの姿=宇宙航空研究開発機構提供
約100キロ離れた地点から小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した小惑星リュウグウの姿=宇宙航空研究開発機構提供

 小惑星探査機「はやぶさ2」を運用している宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、約100キロの距離から撮影した目的地の小惑星リュウグウの画像を公開した。自転の遠心力で赤道付近が膨らんだ「コマ型」と呼ばれるそろばんの玉のような形で、地球とは逆方向に7時間半の周期で自転しているという。

 コマ型の小惑星は、小型で自転周期が2~…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文341文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集