メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

対等な関係で「性的同意」

性的同意を学ぶ講演会で、参加者にマイクを渡して意見を聞く戸谷知尋さん(右から2人目)=埼玉県坂戸市の女子栄養大坂戸キャンパスで、椋田佳代撮影

 セクハラや性犯罪が大きな社会問題になる中、「セクシュアルコンセント(性的同意)」を考える動きが大学生を中心に広がっている。被害者にも加害者にもならないためには--。

 ●言葉で表現が大切

 「セクシュアルコンセントって何だと思いますか?」

 埼玉県坂戸市の女子栄養大坂戸キャンパスで5月中旬、大学生や社会人を対象に開かれた講演会。講師で慶応大4年の戸谷知尋(ちひろ)さん(22)が、そう問いかけた。「相手に問いかけて、OKが返ってくること」「お互いが心から望んで、そうしたいと思うこと」。マイクを渡された参加者は口々に答えた。戸谷さんは、こう続けた。「全ての性的な行為において確認されるべき同意のことです。互いの積極的な意思表示、つまり言葉で表すことが大切です」

 戸谷さんは一般社団法人「ちゃぶ台返し女子アクション」の学生メンバーの一人。クラウドファンディングを…

この記事は有料記事です。

残り1921文字(全文2300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです