受動喫煙対策

「いいかげんにしろ」 がん患者に穴見議員やじ 衆院委参考人招致

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を審議した15日の衆院厚生労働委員会で、自民党の穴見陽一衆院議員(48)=大分1区=が、参考人として意見陳述した肺がん患者にやじを飛ばしていたことが分かり、「不快な思いを与えたとすれば、心からの反省と共に深くおわびする」と21日、謝罪した。参考人にやじを飛ばすのは極めて異例。【酒井雅浩、田畠広景】

 改正案では公共の場での屋内禁煙を初めて罰則付きで義務付けたが、屋外は規制の対象外。15日の同委員会で、屋外での喫煙について、長谷川一男・日本肺がん患者連絡会理事長が「なるべく吸ってほしくないというのが患者の気持ち」と訴えながらも「喫煙者がどこでも吸えないと言うのも分かる」と理解を示した後、穴見氏が「いいかげんにしろ」とやじを飛ばしたという。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文766文字)

あわせて読みたい

注目の特集