メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大麻

若者中心に回帰か 危険ドラッグ規制強化で

薬物依存症に陥っていた時のことを振り返る山口健次さん=岡山県瀬戸内市で、益川量平撮影

 大麻を違法に所持したなどとして検挙される人が増えている。全国の検挙人員は昨年1年間で3008人に上り、過去最多となった。岡山県警によると、岡山県内の検挙人員も前年から4割増えている。近年流行した危険ドラッグに対する規制強化を受け、若者を中心に大麻への回帰が進んでいるとみられる。【益川量平】

 大麻取締法違反は、大麻の所持や栽培、輸入などを禁じている。県警組織犯罪対策1課によると、昨年に大麻事件で検挙されたのは42人。16年(30人)に比べると12人多い。13年以降の過去5年間でみると16年以外は40人台で推移しており、検挙人員はなかなか減らない。

 背景にあるのが危険ドラッグの規制強化だ。当初は製造・販売しか取り締まれなかったが、医薬品医療機器法…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです