メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず

自民党総裁選を巡る最近の発言

 国会会期が7月22日まで延長された。自民党総裁選をにらむ「ポスト安倍」候補は与党として結束を求められるため、閉会まで出馬表明などの表立った活動がしづらい状況が続きそうだ。各種世論調査で内閣支持率の回復も伝えられ、安倍晋三首相の3選を支持する各派閥は勢いづく。出馬判断に悩む岸田文雄政調会長が首相と長時間会食したことも、3カ月後の総裁選を注視する党内の臆測を呼んでいる。【小田中大、竹内望】

 岸田氏は18日夜、東京・赤坂の日本料理店で首相と2時間、酒を酌み交わした。岸田派関係者によると、岸田氏は「派内の3分の2は主戦論。出るか出ないか、よく考えてみます」と伝えた。実際、20日夜の同派会合でも「知名度を上げるためにも出馬すべきだ」との主戦論が多かった。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです