目黒虐待死

「子ども虐待防止を」プロジェクト動き出す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する駒崎弘樹さん(左)らプロジェクトのメンバーたち=東京都千代田区で2018年6月21日、宇多川はるか撮影
記者会見する駒崎弘樹さん(左)らプロジェクトのメンバーたち=東京都千代田区で2018年6月21日、宇多川はるか撮影

「制度や予算変えよう」呼びかけ、NPO法人代表ら会見

 「もうおねがい ゆるして」。覚えたばかりのひらがなで両親へのメッセージを書き残した東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)の虐待死事件で、世の中に大きなうねりが起きている。オンライン署名サイトでは、児童虐待防止対策を求めるキャンペーンが15日時点で16件も展開している。21日には「なくそう!子どもの虐待プロジェクト」のメンバーたちが記者会見し、「虐待死のない社会を作るために制度や予算を変えよう」と呼びかけた。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1525文字)

あわせて読みたい

注目の特集