メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪震度6弱

最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大

損傷した超高圧電子顕微鏡

茨木にある「超高圧電子顕微鏡センター」 復旧に1年以上

 18日の地震で強い揺れに襲われた大阪大超高圧電子顕微鏡センター(大阪府茨木市)では、1台約23億円する電子顕微鏡2台が損傷し、復旧に1年以上かかる見通しだ。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の心臓病治療を目指す阪大の研究も遅れが心配されるなど、世界トップクラスの研究が停滞する懸念が出ている。

 同センターには、世界最高電圧で厚い試料でも観察できる「300万ボルト超高圧電子顕微鏡」(高さ17メ…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  5. 知事発言録 15~21日 /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]