大阪震度6弱

最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
損傷した超高圧電子顕微鏡
損傷した超高圧電子顕微鏡

茨木にある「超高圧電子顕微鏡センター」 復旧に1年以上

 18日の地震で強い揺れに襲われた大阪大超高圧電子顕微鏡センター(大阪府茨木市)では、1台約23億円する電子顕微鏡2台が損傷し、復旧に1年以上かかる見通しだ。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の心臓病治療を目指す阪大の研究も遅れが心配されるなど、世界トップクラスの研究が停滞する懸念が出ている。

 同センターには、世界最高電圧で厚い試料でも観察できる「300万ボルト超高圧電子顕微鏡」(高さ17メートル)と、原子一つ一つの動きを1秒間に1600回撮影できる「物質・生命科学超高圧電子顕微鏡」(同12メートル)の2台がある。物質や生物の微細構造から放射線で物質が傷つく様子までナノメートル(ナノは10億分の1)サイズで観察できる。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文779文字)

あわせて読みたい

注目の特集