メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

ろう学校長が推奨か 静岡で50年代在任

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術が強制されていた問題で、静岡県立静岡聾学校(現・静岡聴覚特別支援学校)で50年代まで校長だった男性(故人)が在任中、在校生の保護者や卒業生に手術を受けるように強く推奨していたとみられることが、県聴覚障害者協会への取材で明らかになった。協会は24日に開く県ろうあ者大会で、実態調査を求める特別決議を行う方針。

 協会によると、今年4月から県内の聴覚障害者を対象に調査をしたところ、7人から「校長が手術をするよう…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです