メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/3 「ふるさとへ」の思いに応え 島根・隠岐 散骨の島 詳報

 戦後、昭和の後半期を通じて、明治民法から続く「イエ(家)制度」の影響を引きずる形で日本の墓は後継ぎがいることを前提にした「〇〇家之墓」が当たり前だった。ところが、1990年代に入ると、増えてきた非婚者から異議が出始める。「承継者(後継ぎ)がいないと墓が持てないのはおかしい」と。また、「夫の実家の墓には入る気がしない」という妻側からの声も高まった。さらに、バブル経済期の地価高騰のあおりで墓地の購入費用が値上がりして、「カネ」の面からも従来型の墓に対する不満はふつうの人たちの間にも蓄積していた。

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです