メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 阪神11R・宝塚記念 (日曜競馬)

首位奪還、キセキ

 昨年の菊花賞馬キセキが復活ののろしをあげる。昨年3月の毎日杯で3着に終わり春のクラシックは断念したが、一息入れて夏の中京500万下、新潟1000万下を連勝。そして神戸新聞杯2着をステップに菊花賞を制した。しかし体力不足から香港ヴァーズは9着に惨敗。年明け初戦の日経賞も折り合いを欠き9着に敗れた。まだ心身ともに未成熟ではあるが、短期放牧で立て直しを図り、ここに向けコース追い中心に調整。木曜発表の馬体重は502キロと、思惑通り厚みを増して戻ってきた。大外16番枠を引いたが、折り合いさえつけば馬場のいいところを選んで走ることができる。パワー…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです