メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志賀草津高原ルート

規制解除は「時期尚早」 草津町長に気象庁見解 /群馬

 草津白根山の白根山(湯釜付近)の火山活動の活発化により4月下旬から続いている国道292号「志賀草津高原ルート」(約23キロ)の一部区間の通行止めについて、草津町の黒岩信忠町長は21日に気象庁を訪れ、昼間の規制解除を打診したものの「時期尚早」との見解を示された。22日、毎日新聞の取材に明らかにした。

 5月から観光客の落ち込みが続く中、ルートの規制解除は町にとって死活問題だけに、黒岩町長は地震が収まり次第、草津白根山防災会議協議会の分科会を開き、昼間の開通を目指す。

 昼間の規制解除は過去に例がある。2014年6月3日、気象庁が噴火警戒レベルを1から2に引き上げ、県…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文624文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです