メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵画・俳句コンテスト

桜テーマ 絵画の部市長賞に大山玄ちゃん 俳句の部は稲沢虎哲さん /三重

 伊賀市のまちづくり団体「市さくらの会」(山菅善文会長)は、桜をテーマにした「絵画・俳句コンテスト」の入賞者を発表した。最高賞の市長賞は、絵画の部は白鳳幼稚園の大山玄ちゃんの「はなびらいっぱい」、俳句の部は友生小2年の稲沢虎哲さんの「上のじょう ニンジャダンスの あと花見」が選ばれた。

 コンテストは2001年から毎年開催。絵画部門(保育園・幼稚園の年長児~小学生が対象)と、俳句部門(小中学生が対象)の2部門で、3~4月に募集した。

 今年度は、絵画の部は34カ所の保育所(園)・小学校から計743点、俳句の部は28カ所の小中校から計…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文543文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです