メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは社会の鏡

熱中症を予防しよう

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

個人差や体調も関係

 梅雨に入り、体調が気になる季節になりました。

 1999年7月27日、中学校のラグビー部の早朝練習中に、宮脇健斗さん(当時13歳)は、体調不良を訴え、グラウンドに倒れました。しかし、顧問だった男性教師から「演技は通用せん」などと言われ、とりあってもらえず、翌日、熱中症による多臓器不全で亡くなりました。

 健斗さんの父、勝哉さんが、教師を目指す学生対象に講演するのを聞きました。温めておいた卵を割ってみせました。卵の白身は、たんぱく質が固まっていました。同様のことが、人の体でも起きることを示すためでした。熱中症の怖さです。

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです