メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大しめ縄作り

出雲大社神楽殿、大詰め 来月17日に奉納 飯南 /島根

大縄を菰で包み込む作業をする人たち=島根県飯南町の大しめなわ創作館で、山田英之撮影

 出雲大社(出雲市大社町杵築東)神楽殿の大しめ縄作りが、大しめなわ創作館(飯南町花栗)で大詰めを迎えている。来月17日に奉納し、2012年以来6年ぶりに取り換えられる。22日は約17メートルの大縄を、菰(こも)で包み込む作業が公開された。

 出雲大社の分院があった縁で、飯南町内で大しめ縄を作っている。担当する町注連縄(しめなわ)企業組合のメンバー…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです